軽茶(かるちゃ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ワークショップの進め方

<<   作成日時 : 2008/10/15 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ワークショップは一般的にどのように進められるのでしょう。
まず、準備するものとして、次のようなものがあります。
 模造紙
 付箋
 水性マーカー
 ホワイトボード
 ホワイトボードマーカー
 ホワイトボードに貼るためのマジックあるいはセロハンテープ
 時間を計るキッチンタイマー
大まかな進行
@ 4〜5名のグループに分かれる。
A グループごとに、参加者同士で自己紹介をし、相互のコミュニケーションを図る
B 各グループで進行、書記、発表者を決める。
C テーマに沿って、全員参加のブレインストーミングで話し合いをす。
D まとめる
E 発表(全員ですることもある)
ブレインストーミングとは、少数の集団で自由に意見を出し合い、あるテーマに関する多様な意見を抽出する技法のことです。お互いの意見に批判をせず、自由に意見を出し合うことが大事。質より量を重んじます。
そうして出たアイディアを結合し発展させます。
別々のアイデアをくっつけたり、一部を変化させたりすることで、新たなアイデアを生み出していくのです。
 具体的なやり方としては、次のようになります。
 ブレインストーミングの時、各自、「付箋」に自分の考えを書いてもらい、模造紙に貼っていきます。そして、付箋に書いた内容が似た意見を集め,模造紙の上で整理していきます。
 最初に模造紙や付箋を準備しているのはそのためです。
 こうすると,大抵5〜8つの大きなカテゴリーに分けられる付箋と,どこにも集約されない付箋(意見)が出てきます。
 後は,これらのカテゴリーと単独のラベルの内容を見て、さらに議論を深めていきます。そんな風に進められるのですが、単に流れに任せると、話す事が好きな人が、多く発言をしがちで、大人しい人は、意見があってもなかなかものが言えません。
 そうならないように、全員で話ができるように気を配るのが、ファシリテーターの役割です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワークショップの進め方  軽茶(かるちゃ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる